みちくさ雑貨屋elufe(エルフェ) みちくさ雑貨屋elufe(エルフェ)は動物モチーフの雑貨・小物を中心にアクセサリー、お洋服等を扱っている通販サイトです。『みちくさをしたときの発見!』をコンセプトに、「かわいい!」から「ふふふっ!」までたくさん取り揃えてます。店舗を沖縄県豊見城市上田に、移転OPENしました!是非一度お越しください!

うつになって10日目のはなし

睡眠薬と安定剤でだいぶ回復し、生活リズムも整ってきました。

備忘録のためにも、「こういう人もいるんだ」というためにも記録しておこうと思います。

 

1日目: 異変

そもそもその前から仕事がする気力(前向きな気持ち)がなく、ひたすら他のことをして気を紛らわせてました。

読書や、特訓中の編み物の練習等。

いろいろ対面でも画面でもお客さまとやりとりしていく中で、自分の情けなさとお店への自信のなさが募る。

17時半には涙が止まらなくなり、18時閉店後、落ち着いたころ帰宅。

帰宅後ベッドで突っ伏して号泣後、扇風機を壁に投げつける。(賃貸なのに…)

そのほか周辺に合ったものたちを投げる投げる。

荒れた部屋で泣き崩れていたら、状況を知ったパートナーが駆けつける。

薬を飲んで落ち着かせ、眠りにつく。

 

荒れた私はこんな感じ↑↑

 

 

2日目:法事

どうしても出ないといけない法事のため、6時に起きる。

火葬の後の帰り道、代車のブレーキが壊れる。パーキングとサイドブレーキで無理やり止める。

(そもそも持ってた車が故障、廃車で納車待ちだった)

午後ゆっくりできるはずが、代車元の嘉手納まで50分近くかけて(トラックだから)レッカー移動。

実家に帰宅16時。

そして一人暮らしの家に17時過ぎ到着。

もう無理。限界。(普通の人でも疲労困憊レベル)

 

↑↑こんな小型のレッカーがきた

 

3日目: お店に行こうとする

普段通りお店に行く準備をする。朝起きて、着替えて。

マグボトルを準備し、コーヒーを入れようとした途端。

涙が止まらない。嗚咽が止まらない。

これ無理だ。お客さまと向き合えない。

布団で丸まって閉じこもる。

気づけば夜。

 

↑↑本当にこんな気分

 

 

4日目: 悪化

悪化。嗚咽が止まらない。生きてる価値がわからない。

お店にも行けない。本当に自分が情けない。

このままだと薬を乱用しかねない。(ちょっとしてた)

病院の予約を早めて泣きながら受付に電話する。当日の予約が取れる。

泣きながら病院に行く。処方を増やしてもらう

 

 

 

5日目: さらに悪化

きのうここには書けませんが、はじめて人に怒った出来事があり。

(普段怒ったことなくて、泣きながら怒った)

 

好きなことができない(好きなゲームがあった)。

よくならない。ぜんぜんよくならない。

丸一日ベッドで過ごす。

少し動けるというときに顔面にシャワーを打ち付けたくて(気持ちいい)お風呂に入る。

そして寝て。でも寝ても寝ても夢を見て。

夜は睡眠薬飲んでも眠くならなくて。ただただ涙が出てきて。

寝ても翌朝よくなってるなんて思えないし。

泣きながらパートナーに電話して、しばらくすると眠っていた。

 

 

 6日目: すこしの回復

ようやく薬が効いてきたのか、朝起きれるようになる。たまったアイロンがかけられるようになる。

遮光カーテンが大嫌いなのに買ってしまったカーテンが遮光カーテンだったから、非遮光カーテンを買いに行く。

ごはんが食べれるようになる(それまでゼリー食がメイン)。

 

 

 

7日目: ひとりで外出

非遮光カーテンにしてから目覚めがよくなった気がする。

実はいままでパートナーがいてくれたから外に出れた。

今日は飲料水が尽きてきたから、ひとりで外出。

ただ、普段部屋は薄暗くし、テレビもつけず、外のことをシャットダウンしてたため、手持ちの帽子とイヤホンで外出。

イヤホンからはヒーリングミュージックを流していた。

(ほかの音楽ですらうるさいと感じる。)

これが本当に功を奏した。

うるさい。本当にうるさい。帽子をかぶってもイヤホンをつけても聞こえてくるノイズがつらくて。

ゆったり買い物できるところだとまだマシだけど、食商品売り場は特に地獄。

 

 

 

 

8日目: 怖い夢(金縛り)を見る

布団の上から細長い腕が伸びてきて、ふと横を見ると赤い顔をした女の人がいました。

金縛りはつい最近も有ったので、一生懸命頭をふって意識を現実に引っ張ってくる。

最悪な一日の始まりです。

きょうは昨日の外出の疲れからか涙が出るのと体が動かず。ずっとベッドにいました。

 

 

 

9日目:安定して、仕事にちょっとだけ向き合えた

薬がだいぶ効いてきたのか、家にいて今後の仕事のことを考える。

この状況だと実店舗の営業が不安定になってしまう。

 

休業中にメッセージをくれたお客さま。本当にありがとうございました。

 

ネットショップの調整をする。活動は30分が限界だった。

そう考えるといま30分以上パソコンに向かっている私は回復しているともいえる。

夜は実家に顔を見せに。それでも帽子とイヤホンは外出時には手放せない

 

 

10日目:すこし前向きに

ここ数日は生活リズムが整ってきた。

ただ、正直な話、お店に立つのがまだ難しい。

もうすこし時間が欲しい、というのが現状。

というか、実店舗とネットショップのバランスを考えたいところ。

 

正直、何度も実店舗をやめることも考えた。

でも実店舗に運んだ時のあの「ワクワク」と「ドキドキ」は本当に素晴らしい。

そこは失いたくない。絶対に。

 

だから、マイペースになってしまうかもしれませんが、続けさせてください。

 

だから、もうすこし時間をください。

ごめんなさい。

 

うつになったときのまとめ

・とにかく寝ろ。寝れなくてもいい。

 思いっきり泣け。叫べ。

 

・あと投げられるようになんかあるといいと思われる。

 扇風機はおススメしない。

 

何かがしたくなるまで寝ろ。

 時間かかってもいい。

 

・ちなみに抱き枕はあるといい

 安心感が半端ない。長いやつ。

 顔から足まで抱けるやつ。

 

・非遮光カーテンは外の光を取り入れないから

 あまりお勧めしない。

 自然光を取り入れられるカーテンにした方がいい。

 まぶしくて寝れない時はアイマスクをして。

 

寝ながらできる楽しいことはしろ。

 私はスマホゲームをしていた。

 いいんだ、楽しいと思うことは進んでやるべきだ。

 回復に一番大切なことだ。

 罪悪感を覚えるな。これも特効薬だ。

 

・外に出るときは帽子とイヤホンをして。

 すっごいラク。ただ周囲の危険は察知できる程度に。

 

・前向きに考えるのは元気になってからでいい。

 完全じゃなくていい。

 1分でも3分だけでもいい。

すこしずつでいい。

 

・完全に回復した(前向きになれた)と思えたら復帰。

 不安定な状態で臨めばまたぐらつくぞ。

 

・あと薬の副作用に気をつけろ。

 私はふらつきがヤバくて尻もちと体倒して物を崩壊させた。

 

 

 

補足:私のこれからについて

これはおそらくですが、8月いっぱいはお休みいただくことになると思います。

沖縄はコロナも毎日最多更新してますし、いまはゆっくり考える機会なのかもしれないな、って思ってます。

ネットショップはおうちでも無理なくできる仕事なので、改良を考えています。

そこでも楽しんでいただけたらな、って思います。

 

遅くなったとしても、実店舗は閉めません。

 

よろしくお願いします。

関連情報

動物モチーフの雑貨・小物の通販 | みちくさ雑貨屋elufe(エルフェ)

みちくさ雑貨屋elufe(エルフェ)

みちくさ雑貨屋elufe(エルフェ)は動物モチーフの雑貨・小物を中心にアクセサリー、お洋服等を扱っている通販サイトです。『みちくさをしたときの発見!』をコンセプトに、「かわいい!」から「ふふふっ!」までたくさん取り揃えてます。
実店舗は豊見城市上田にあります!ぜひ一度遊びにいらしてください^^

屋号 みちくさ雑貨屋elufe
住所 〒901-0243
沖縄県豊見城市字上田57-6-1階(店舗)
営業時間 11:00~19:00
定休日 日曜日・月曜日
E-mail info@michikusa-elufe.com

コメントは受け付けていません。

特集